『日本人の9割は知らない!ある筋トレ方法で最も筋肉が大きくなる理由!』

 

 

こんにちは!Tadanaoです!

 

 

 

あなたは筋トレで自分の

思った通りの結果を出せていますか?

 

f:id:ymdtdno:20180709201231j:plain

 

中には期待通りの身体になれた人もいれば

『なかなか筋肉が付いてこない』

そんな悩みの人も多いと思います。

 

 

 

今回の記事は

そんな悩みを抱えたあなたが、

必ず筋肉を大きくできるようになる。

ある筋トレ方法と理由をお伝えします。

 

 

 

この記事に書いてあることを

知っているかどうかで、

あなたの筋肉の発達速度は

天と地の差になりますので、

必ず最後まで御一読ください。

 

 

 

ところで、あなたは普段

どんな筋トレをしていますか?

筋肉を大きくする筋トレ方法は

大きく分けて3つあります。

 

 

 

・ボディウェイトトレーニング

   自分の体重だけで行う筋トレ。通称:自重トレ

   例:腕立て伏せ、懸垂、腹筋の上体起こし

 

f:id:ymdtdno:20180709201904j:plain

 

 

 

・マシンウェイトトレーニング

   マシンを使った筋トレ。

   例:チェストプレス、

          レッグプレス、ラットプルダウン

 

f:id:ymdtdno:20180709202653j:plain

 

 

 

・フリーウェイトトレーニング

   ダンベルやバーベルを使った

   自由に重りを動かせる筋トレ。

   例:ベンチプレス、ダンベルフライ

          ダンベルカール

  

f:id:ymdtdno:20180709204023j:plain

 

 

 

おそらく筋トレを始めたばかりの人は

家で自重トレをしたり、ジムへ行って

マシンで鍛える人がいます。

 

 

 

しかし、自重トレやマシンだと

あまり効果が出ないことがあります。

 

 

 

自重トレは体重が軽い人だと

単純に負荷が弱いので、

ある程度までできるようになると

それ以上の大きな筋発達は望めません。

 

 

 

マシンだと動く起動が決められて

フォームが安定するので

安全に行えますよね。

しかしそれこそが、筋肉が

大きくなりづらい理由なのです。

 

  

 

筋肉が大きくなる理由は、

重りで筋肉に負荷をかけ

肉体的に危険を感じることで、

脳が防衛本能を働かせ

筋肉を大きくするからです。

 

 

 

筋肉が大きくなるのは、

『大きい筋肉が必要な環境』

に適応するからなのです。

 

f:id:ymdtdno:20180709220252j:plain

 

筋トレをしている時に、

『自分にはもっと筋肉が必要なんだ』

脳に本能的に思い込ませる必要があります。

 

 

 

安心して行えるマシンだと、

なかなか脳が危険を察知しにくい。

なので、マシンではなく、

フリーウェイトトレーニング

を行いましょう!

 

 

 

具体的な方法を説明すると、

例えば大胸筋を鍛えるために

ダンベル、バーベルなどを使い、

ベンチプレスや

ダンベルフライを行いましょう。

 

 

 

自分の胸の上に

重たいバーベルを持ち上げて、

もし万が一手が滑って

バーベルを胸の上に落としたら、

あなたは潰れてしまいますよね。

 

 

 

『バーベルを上げ損ねたら

   死ぬかもしれない』

 

 

『途中でダンベルを

   上げきれなかったら死ぬ』

 

 

 

そういった、

筋トレ中に恐怖を感じるような

危険と隣り合わせの命懸けの筋トレが、

脳が防衛本能を働かせやすいので

筋肉を大きくさせやすいのです。

 

 

 

人間の防衛本能を

最も発揮しやすい筋トレ方法が

フリーウェイトトレーニングなのです。

  

f:id:ymdtdno:20180709211218j:plain

 

 

さあ!あなたも早速ダンベルや

バーベルで筋トレしてみましょう!

フリーウェイトこそ

理想の身体への近道です!

 

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!