『筋トレすると筋肉がデカくなる本当の理由!筋肉をデカくしているのは実は○○』

こんにちは!Tadanaoです!

 

 

 

あなたは、なぜ筋肉が

大きくなるのか理由を知っていますか???

この記事を読めばその理由がわかります!

日本人の9割は気づいていないことです!

 

 

 

これを知らないまま筋トレしても

筋トレの質が上がらず

望んでいたほどの効果は得られない

かもしれません。

 

 

f:id:ymdtdno:20180628090655j:plain

 

僕のブログを読んでくれているあなたは、

なかなか筋肉が付かなくて悩んでいる方だと

思います。

 

 

 

筋肉が付かないのは本当に嫌ですよね。

自分の周りの筋トレしている人は

どんどん筋肉ついてるのに…

 

 

 

でも安心してください。

この世に筋肉が付かない人なんていません。

(特殊な病気に罹っている人を除いて)

 

 

 

実は筋肉が大きくなるのは、

筋肉自身が勝手に大きくなるわけ

ではないのです。

 

 

 

筋肉とは別の場所から、

筋肉を大きくするように

指令が出されているのです。

 

 

 

これを理解すると筋肉が

なぜ大きくなるのか、

そのメカニズムがわかるようになります。

 

 

 

実は筋肉が大きくなるのは

『脳』から筋肉を大きくする

指令が出ています!

 

 

f:id:ymdtdno:20180628105421j:plain

 

 

筋肉を大きくしているのは

脳だったのです。

逆に筋肉を細くしているのも脳です。

 

 

 

脳は、人が現在生活している環境に

身体を適応させようとします。

いわゆる環境適応能力です。

 

 

 

脳が『大きい筋肉が必要な環境だ!』

と判断すれば筋肉は大きくなり、

『別にそんなに筋肉いらないや』

と判断すれば筋肉は細くなります。

 

 

 

筋肉を大きくするためには、

筋トレで限界を超えるような

強力な刺激を筋肉に与えることで、

筋肉が大きくなります。

 

 

 

筋トレする時は、

『自分には筋肉が必要なんだ!

じゃないと次の筋トレで死ぬかもしれない!』

と強く思い込むことです。

 

f:id:ymdtdno:20180628092128j:plain

 

 

そうすることで脳から

アドレナリンが多く分泌されて、

筋トレで限界を超えやすくなります。

 

 

f:id:ymdtdno:20180628091411j:plain

 

筋トレ中は、持ち上げているウェイトを

強敵だと思って『目の前の敵に勝つ!』

くらいの攻撃的な姿勢で臨んでみましょう!

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!