『筋肉を大きくするきっかけを与える!重要な筋トレ方法!』

こんにちは!Tadanaoです!

 
 
 
今回は筋肉を大きくするきっかけを与える!
ということで、実はあまり知られていない
筋トレ方法をご紹介します!
 
 
 
その筋トレ方法とは、パンプアップです!
このブログを見てくれているあなたは、
おそらく何なのか分からないと
思うので詳しく説明していきます!
 
 
 
では、パンプアップとは何なのか?
なぜやるのか?やることでどうなるのか?
具体的な方法や、
今すぐできることを見ていきましょう!
 
 
 

f:id:ymdtdno:20180627171604j:plain

 
・パンプアップとは何か
 
筋トレで筋肉を充血させて
パンパンに膨らませる行為です。
 
 
 
筋肉に血液が溜まって限界まで膨らむと
『今の筋肉の表面積じゃ、これ以上膨らめない!
もっと筋肉を太くしよう!』
と脳が判断します。
その結果、筋肉が太くなります。
 
 
 
・パンプアップするとどうなる?
 
筋トレで筋肉が血液でパンパンに膨らむと
筋肉を大きくするホルモンの
『成長ホルモン』が分泌されます。
 
 
 
どんな筋トレでも
成長ホルモンは多少分泌されますが、
パンプアップは自分が鍛えたい
ターゲットにした筋肉だけに
集中的に成長ホルモンを分泌できます。
 
 
 
そのターゲットの筋肉が
太くなる効果を実感しやすいです。
 
 f:id:ymdtdno:20180627171419j:plain
 
 
・パンプアップの具体的な方法
 
軽い重さを扱い、
筋肉を素速く収縮させることで、
血液で筋肉を充血させていきます。
筋肉を充血させて膨らませることが
目的なので軽い重さで充分です。
 
 
 
逆に高重量だと、筋肉が直ぐに
疲れてしまい充血までできないので、
高重量にこだわらないことが大事です。
 
 
・セット数や回数について
 
20〜30回を3セット行います。
本当に軽い重量で大丈夫です。
ダンベルカールを10kgのダンベルで
10回できる人なら
4〜5kgのダンベルで行いましょう。
 
 
・今すぐやってみよう!
 
軽い重さで、例えば4〜5kgのダンベルで
ダンベルカールを30回×3セット
行なってみましょう!
筋肉がパンパンに張ってきたら
パンプアップできている証拠です!
 
 
 
以前ご紹介した3セット法と
組み合わせてやることで、
筋トレの効果を上げることができます!
 
 
 
先に3セット法を約5〜10分、
その後にパンプアップを約5分。
2つやっても15分以内に終わります!
これが筋トレが15分で良い理由です!
 
 
 
最後まで読んでいただき
ありがとうございました!