『なぜ日本人は筋肉が発達しないのか?実は筋トレ時の○○が間違っている!』

f:id:ymdtdno:20180620203913j:plain

 

 

こんにちは!Tadanaoです!



今回の記事は、

多くの日本人が間違えている

筋肉へのある問題を取り上げていきます!



筋トレしてるけど

なかなか筋肉が付かない…

もう筋トレ辞めようかな…

 



そんな悩みを抱えている

あなたは、もしかしたら

これを知らずに筋トレをしているかも。



でも安心してください!



これを読み終わった後、

あなたの筋トレへの理解が変わります!



それでは今回は、

筋肉を正しく使うための 

忘れてはならない『目的』

をお教えします!




例えば、

あなたが上腕二頭筋(腕の力こぶ)を

大きく発達させたいとします。



そして、

ダンベルで上腕二頭筋

鍛える種目のダンベルカール

を行ないます。



肘を曲げることで、

握っているダンベルが

上へ持ち上がりますよね。



ここで注意しなければ

ならないことがあります。



それは、なぜダンベルが上に

持ち上がるのかです。



もしかして、ダンベルを

上に持ち上げることだけを

考えていませんか???



おそらくあなたの頭の中は

『????』になっているでしょう。



『だってダンベルカールって、

  ダンベルが上に持ち上がるじゃん。

  何言ってんの?』



確かにその通りです。



しかし、

ダンベルが持ち上がるのは

あくまで『結果』です。



ここが多くの日本人が

踏む落とし穴なのです。



上腕二頭筋

筋肉を縮める『目的』

を達成した『結果』

ダンベルが上に持ち上がるのです。



ダンベルが持ち上がるのは、

あくまで上腕二頭筋

縮まった結果です。



ダンベルを上に持ち上げる

ことが目的ではなく、

筋肉を縮めることを目的

にしてください。



筋肉は通常、何もしていなければ

リラックスして伸びています。



筋肉を使う時(力を発揮する時)は、

筋肉が緊張して縮まった時です。



これを意識して筋トレを行うだけで、

効果は確実に上がります!



筋トレ時は、

狙った筋肉がしっかり

縮まっていることを

1回1回の動作で確認 

してみましょう!



最後まで読んでいただき

ありがとうございました!