『鍛える筋肉を間違えると身体は100%変わらない!日本人の9割が間違えている筋トレの基礎知識!』

f:id:ymdtdno:20180614213945j:plain

こんにちは!Tadanaoです!

 

 

 

このブログは、

本当にガリガリで悩んでいる

筋肉をつけたい人のために書きます!

 

 

 

僕自身も学生時代・小中高とガリガリで、

どうしたらカッコいい筋肉質なマッチョに

なれるのか分からず悩んでいました。

 

 

 

細過ぎて周りにからかわれたり、

バカにされたり、

女子からはモテなかったりと、

正直あまり良い記憶はありません。

 

 

 

もし、これを読んでいるあなたが、

僕と同じ悩みを抱えているのであれば、

 

 

 

僕が書いていくことを

実践していってください!

 

 

 

そうすれば必ず

理想の身体を手に入れることができます!

 

 

 

逆にこのブログを読まなければ、

今までと身体が変わることなく、

一生ガリガリのまま

時間だけが過ぎていくでしょう。

 

 

 

せっかくこれを読んでくれているあなたには

そんな思いをしてほしくありません!

 

 

 

 

僕のブログでは、

筋肉を大きくしたいあなたのために、

日本人の9割が知らない、

筋肉が大きくなる正しい筋トレ法

をお教えします!

 

 

 

まず筋トレをすると言っても、

ほとんど筋トレ経験の無い人は

何をしたら良いのかわかりません。

僕もそうでした。

 

 

 

そんな!あなたのために!

今回は筋トレで筋肉を太く大きくするための

最も重要な基礎知識をプレゼントします!

 

 

 

これを知らずに間違った筋トレをすると、

筋肉は一生細いまま変わりません!

断言します!

 

 

 

では、本題へ入ります!

 

 

 

 

『筋肉を太くしたかったら、

太くなる筋肉と太くならない

筋肉を理解しよう!』

 

 

 

 

理解する???

いや、そもそも筋肉って鍛えれば勝手に

太くなるんじゃないんすか???

 

 

 

と、いう声が聞こえてきそうですが、

 

 

 

題名の通り、

実は筋肉には太くなる筋肉が存在します。

逆に太くならない筋肉もあるのです。

 

 

 

これを理解しないと身体を

大きくすることはできません。

 

 

 

では、まず太くなる筋肉から

説明していきましょう。

 

 

 

・太くなる筋肉『速筋(白筋)』

 

 

 

速筋の特徴はスピード&パワー!

 

 

 

速筋は、爆発的な瞬発力を

必要とする素速い動きや、

超ヘビーな重量を持ち上げる時の

強い刺激に反応します。

 

 

 

短距離走100メートルを全力疾走したり、

すごい重い荷物を運んだりするときなどの

無酸素運動で使われる筋肉です。

 

 

 

例えば、

陸上競技短距離走ウサイン・ボルト

ハンマー投げ室伏広治を見ると

筋肉ムキムキな人が多いですよね。

 

 

 

その理由は、彼等の全身の筋肉は、

鍛えると太く大きくなる速筋が

大部分を占めていからなのです。

 

 

 

速筋は瞬間的に

強い力を発揮する筋肉なので、

長時間の運動、

長時間の筋トレには適しません。

 

 

 

速筋を大きく発達させるには、

速筋の特性を活かすために、

どれだけ短時間で

力を出し切れるかが重要なのです。

 

 

 

では、次は太くならない筋肉の説明です。

 

 

 

・太くならない筋肉『遅筋(赤筋)』

 

 

 

遅筋の特徴は、スロー&ライト!

 

 

 

遅筋は、長時間の遅い動きや、

軽く弱い刺激に反応します。

 

 

 

遅筋をメインに使う競技は、

長距離走やマラソンなどの

有酸素運動の持久系競技です。

正月名物の箱根駅伝

走ってる選手たちは皆細いですよね。

 

 

 

これらの競技の人たちは

とても身体が細い人が多いです。

それは全身の筋肉の割合が、

速筋が少なく遅筋が多く占めているからです。

 

 

 

実は遅筋も鍛えると

少しだけ太くなりますが、

速筋と比べると速筋の方が

はるかに大きくなります。

 

 

 

仮に遅筋だけを大きくしようとしても、

結局ほとんど大きくなりません。

 

 

 

そして、長時間の運動でしか

刺激できない遅筋は、

鍛えるのに時間がかかり過ぎて

非効率なのです。

 

 

 

以上が、大きくなる速筋と、

大きくならない遅筋の違いです。

 

 

 

実は多くの日本人は筋トレの時に

無意識に遅筋ばかりを

鍛えてしまっているので、

身体が全く大きくなりません。

 

 

 

筋肉を大きくする筋トレのポイントは、

短時間で速筋に強い刺激

を与えることです!

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!